2012年07月21日

Go言語と go-ui でダイアログを表示してみた

go-ui でダイアログを出す方法を調べてみました。
表示するだけなら簡単です。
p := ui.NewDialog()
p.SetWindowTitle("Alert Dialog")
p.Open()
空っぽのダイアログが開きました。
スクリーンショット 2012-07-21 15.12.08.png

中身のレイアウトは,ウィンドウをレイアウトする方法と同じで行けるようです。
ラベルとボタンを追加する場合
vbox := ui.NewVBoxLayout() // 縦レイアウト
p.SetLayout(vbox)
btn := ui.NewButton() // ボタン作成
btn.SetText("OK")
btn.OnClicked(func() {
p.Close()
})
lbl := ui.NewLabel() // ラベル作成
lbl.SetText("Message")
vbox.AddWidget(lbl)
vbox.AddWidget(btn)
こんな感じですね。
メッセージとOKボタンのあるダイアログを表示する alertdialog というパッケージにまとめてみました。
スクリーンショット 2012-07-21 15.09.16.png

ソースはこちら
https://github.com/titoi2/DialogTest
ラベル:Go言語 QT go-ui
posted by ちいといつ at 15:21| Comment(1) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てすと(∀ ̄;)(; ̄∀)ォロォロ
Posted by てすと at 2012年12月07日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。